投稿日:

ハードウォレットを正しく理解するたった3つのポイント

仮想通貨ハードウォレット

国内量販店で販売されるようになったハードウォレット。

それだけ仮想通貨に投資する人が急増していることがわかります。

ハードウォレットを使用することで、「ネットから切り離し自分で保管」という見出しで売られているのを目にしますが、ハードウォレットとはそもそもどんなものなのか。

ハードウォレット自体を理解しておく必要がありますね。

そもそもハードウォレットを使いこなすことができなければ、自分で保管どころか、逆に資産を失うことにもつながってきます。

国内でもいくつかのハードウォレットが販売されていますが、どの製品が自分に使いやすく安全性が高いのか。

その判断をするには、ハードウォレット自体を理解する必要があるのです。

ハードウォレットは安心して仮想通貨を管理できる

ハードウォレット

ハードウォレットはどうして仮想通貨を安心して管理することが可能なのか。それは秘密鍵をインターネットから切り離して保管することが可能だからです。

そうすることで日夜ハッカー達が徘徊している取引所から、自分の仮想通貨を守ることができます。

ハードウォレットはUSB形式になっているので、パソコンから仮想通貨を移行させた後は、取り外して保管することができます。

インターネット上ではなく、外部で保管することでセキュリティ対策が可能になるのです。

通常、秘密鍵はハードウォレットの持ち主しか知りません。

ハードウォレットには仮想通貨自体を保管するのではありません。仮想通貨にアクセスするのに必要な秘密鍵を保管します。

正しく使用している限り、第三者が秘密鍵の情報を知ることはないので、不正アクセス対策も可能になります。

 

ハードウォレットを使って仮想通貨を安全に守る詳しい方法を知りたい人はこちらの記事もどうぞ。

⇒ハードウォレットで仮想通貨を守る確実な方法

ハードウォレットが故障や紛失しても復元可能

ハードウォレット

万が一、購入したハードウォレットが故障や紛失により使用できなくなっても、製品を購入したときに付属しているリカバリーフレーズがあれば、新しいハードウォレットで復元することができます。

リカバリーフレーズがあると、どの端末からもアクセスできます。

そういう意味では、このリカバリーフレーズは決して第三者に見られてはいけません。

電子保管は第三者に盗難されるリスクを伴います。

手書きで紙面に残す場合は複数の紙に記入して保管するか、記入用紙部分をインスタントカメラで写真に納めて保管することをおすすめします。

⇒ハードウォレットが故障したら?

値段が安くても非正規品を購入してはダメ

ハードウォレット

先ほど、リカバリーフレーズの話をしましたが、ハードウォレットは正規代理店や正しいルートで購入しないと、リカバリーフレーズを第三者に知られて、仮想通貨を横取りされるリスクが生じます。

Amazonなどでも正規代理店よりも安く出店されていますが、リカバリーフレーズを知られていれば、ハードウォレットの役目自体をなさなくなってしまいます。

ハードウォレットによっては使用方法の説明がわかりづらい製品もあるので、自分が使いこなせるタイプか確認してから購入する必要があります。

 

こちらは、正規販売店に登録しており日本語マニュアル付きなので簡単にセットアップできます。

気になる方はこちらからどうぞ。

⇒ハードウォレットの購入はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です