投稿日:

TREZOR ONEの初期設定と基本的な使い方

TREZOR ONE

TREZOR ONEの設定方法を順番に紹介していきます。

この手順で作業をしていただきますと簡単に設定できTREZOR ONEが使えるようになります。

TREZOR ONEを初期設定する

TREZOR

TREZOR ONEを使用するには初期設定が必要です。

初期設定の手順は以下の通りになります。

TREZOR Bridgeのインストール

TREZOR公式サイトでTREZOR BridgeかGoogle Chromeの拡張機能からインストールします。

こちらではTREZOR Bridgeのインストール方法を解説しています。

OS(Windows,Mac,Linux)はどれでも操作は変わりません。

 

TREZOR公式サイト

 

今回は、Windowsでインストールしています。

Windowsを選択してDownloadします。

TREZOR Bridge
インストールを選択します。

TREZOR

インストール後に公式サイトを開くと以下の画面になります。

TREZOR

インストールが完了しましたらTREZOR ONEをPCに接続していきます。

TREZOR ONEウォレットを新規作成

TREZOR

TREZOR ONEをPCに接続後、TREZO公式サイトにアクセスして自分のウォレットを新しく作成していきます。

今回はTREZOR ONEを選択します。

TREZOR ONE

インストールします。

TREZOR

新しくTREZOR ONEのウォレットが作成されました。

TREZOR

バックアップコード24単語をリカバリーシートに記入します。

TREZOR

「Create a backup in 3 minutes」を選択します。

TREZOR ONEの場合、24単語がパックアップコードです。

画面では英語ですが日本語に訳しますと以下のようになります。

・写真を撮らない

・PC上でタイピングしない

・クラウドストレージ内に保存しない

・インターネット上にアップロードしない

このバックアップコードを第三者に知られるとあなたのウォレットは他の人に復元でき資産を盗まれることになります。

くれぐれも厳重に保管してください。

問題なければ「Continue」を選択します。

TREZOR

本体画面には5単語目がengineと表示されています。

本体の右ボタンを押していくと24単語まで表示され、2周すると24単語目で本体に「Finish」が表示されます。

TREZOR

この単語を正しくリカバリーシードに記入していきます。

1文字でも間違っているとウォレットを復元できません。

完了したらPC画面の「Continue」を選択します。

TREZOR

TREZOR ONE本体のデバイス名を決定

TREZOR

TREZOR本体に16文字英数字で名前を付けます。

名前を付けることで自分のウォレットかどうか簡単に判別できるので、オリジナル性が高く覚えやすいものします。

TREZOR

入力した後に本体に「Do you really want to change name to 設定した名前?」かどうかの確認のメッセージが
表示されるので右下の「Confirm」を選択します。

TREZOR

ウォレットのアクセスに必要なPINコードを作成

TREZOR

TREZOR本体をPCに接続してウォレットを利用するためにPINコードを設定していきます。

本体画面に「Do you really want to set new PIN」と表示がでるので右下の「Confirm」を選択します。

TREZOR

PC画面の左側に4桁の番号が点滅するので、その番号をTREZOR本体を見ながら同じ位置に下の画像にある
右側の画面に入力していきます。

TREZOR ONEでは数字の配置はログインするたびに変更になります。

入力が正しいとEnter PINの下側に「It’s fine.」と表示されます。

Confirmを選択してPINコード設定は完了しました。

TREZOR

TREZOR ONEのファームウェアの更新方法

TREZOR

TREZOR ONを正常に使うために、常にデータ更新を忘れずに行ってください。

上記のように「Firmware update」と記載されいる場合は、バージョンが古いので必ずアップデートしましょう。

Firmware updateはTREZOR ONEを接続したときか、ウォレット内に表示されます。

ファームウェアの更新方法は、TREZOR ONを再接続して行います。

本体のボタンを2つ同時に押しながら再接続することで更新画面が表示されます。

成功すると以下の画面が表示されますが、ならないときは再度、再接続をして同じ動作を行います。

TREZOR引用元:https://myhardwarewallet.com/users_guide/trezor/update_farmware/

このときに同時にバックアップ用のリカバリーシードを確認してUpdate my deviceを選択しておきます。

この作業をしておくと更新に失敗してもリカバリーシードで復元が可能です。

TREZOR引用元:https://myhardwarewallet.com/users_guide/trezor/update_farmware/

ファームウェアを本体に更新していきます。

「Install new firmaware?(インストールしますか?)」と画面に表示されているので、
Continueを選択してインストールします。

TREZOR

インストールの途中で認証するためPCと本体に文字列が表示されます。

文字列が同じことが確認できたらContinueを選択して完了です。

更新が成功すると本体画面に「New firmware successfully installed.You may now unplug your TREZOR.」と表示されます。

本体を再接続すると最新の状態になっていることが確認できます。

TREZOR引用元:https://myhardwarewallet.com/users_guide/trezor/update_farmware/

TREZOR ONのバックアップデータを復元する方法

TREZORは、リカバリーフレーズやウォレット作成時にバックアップデータを復元することが可能です。

TREZOR ONE

TREZOR ONEを選びます。

次の画面で今回は復元なので「Recover wallet」を選択。

TREZOR

TREZOR ONEは24単語なので24単語を選びContinueを選択します。

TREZOR引用元:https://myhardwarewallet.com/users_guide/trezor/trezor-one_recovery/

本体に24単語分の単語が表示されていくので、それを1単語ずつ入力していきます。

TREZOR引用元:https://myhardwarewallet.com/users_guide/trezor/trezor-one_recovery/

するとサジェストワードが表示されるので、クリックします。

これを24回繰り返し全て正しく入力されるとウォレットの復元が完了です。

TREZOR ONEの端末をリセットする方法

TREZOR

公式サイトのAdvancedページにアクセスします。

下側にスクロールすると端末を消去すると書かれた赤いアイコンがあります。

こちらを選択すると下記の画面が表示されます。

注意すべき点ですが取り消しができないことです。

仮想通貨残高がある場合、リカバリーシードを確認してから行ってください。

TREZOR

本体画面には「Do you really want to wipe the device? All data will be lost.」と表示されますので、
右下のConfirmを選択すると完了です。

PCには以下の画面が表示されます。

TREZOR

ラベリングの設定方法

ラベリングを設定することで

・アカウント名の変更
・受信アドレスにラベルを付ける
・取引送信時のコメント取引追加

が可能になります。

Dropboxで設定していきます。
まず「ラベリングを有効にする」を選択。
TREZOR

Dropboxと連携させます。
TREZOR
許可します。
TREZOR

自分のPINコードを入力します。
TREZOR
本体に「Enable labeling?」とでるので「Confirm」をクリック。
TREZOR

右上の鈴の右側を選択してセキュリティのチェックを確認します。
TREZOR
「③リンク済みのアプリを確認」を見るとTREZORが確認できました。
TREZOR

アカウント名の変更

アカウント名の右の鉛筆マークにマウスを合わせてクリック。
TREZOR
変更したいアカウント名を入力。
TREZOR
受信アドレスにラベルを付ける

TREZOR

引用元:https://doc.satoshilabs.com/trezor-user/labeling.html

受信アドレスにラベルを設定すると簡単に識別できて取引のときに便利です。
こちらでは「For cleaning」と付けてみました。
TREZOR引用元:https://doc.satoshilabs.com/trezor-user/labeling.html

取引送信時のコメント取引追加

TREZOR

何人かに送信するときにコメントを追加することで区別をすることができ便利です。
TREZOR

2段階認証の強化方法

TREZOR ONE本体をGoogleアカウントのセキュリティーキーに紐づけすることでより安全に管理できます。

設定すると登録したGoogleアカウントを開こうとするたびにTREZOR ONEの認証が必要になります。

PCでGoogleアカウント2段階認証プロセスをクリック。

2段階認証プロセス

本人確認の画面が表示されますので、問題なければ「次へ」

TREZOR

「別のオプションを選択」を選びます。TREZOR

TREZOR ONEをPCに接続して「セキュリティーキー」を選択して右下の「やってみよう」をクリック。
TREZOR

本体に下記のメッセージが表示されますので、右下の「Register」を選択。

TREZOR

画面にセキュリティーキー名を入力して完了。

TREZOR
これで登録したGoogleアカウントを開くたびにTREZOR ONEの2段階認証が必要になります。

 

TREZOR

2段階認証方法はPCに接続して本体右下の「Register」を選択するだけです。

追記

ファームウェアがVer 1.6.2にアップデートされています。(2018.6)

現在、お使いのバージョンがVer 1.6.1(Bootloader Ver 1.4.0)の方は、
アップデートすると本体メモリがクリアされますので、バックアップコードがあることを確認してから
作業するようにしてください。

アップデート後は、バックアップコードからウォレットを復元するようにします。

操作方法は本記事の「TREZOR ONのファームウェアの更新方法」「TREZOR ONのバックアップデータを復元する方法」をご参照ください。

ご不明な点はお手数ですがLINEからご質問願います。

 

TREZOR ONEは、信頼できる正規代理店から購入することをおすすめします。

TREZOR ONE の購入はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です