投稿日:

ビットコインをお持ちの方必読、安全に保管するベストな方法

ビットコイン

ビットコインは、インターネット上で取引をするため、ハッキングなど不正出金を対策する必要があります。

安全に保管するために知っておきたいポイントを簡単にまとめてみました。

一番、大切なことは仮想通貨の知識を深めて、正しい情報かどうか見極めることができるようになることです。

ビットコインは分散保管をすることがベスト

ビットコイン

投資と同様に保管も分散することでリスクを回避しやすくなります。インターネットはアクセスが集中するとフリーズしたり、サーバーがダウンしたりします。

主に仮想通貨が高騰したり暴落したりしたときに起こりますが、そういう事態に対応できるように分散して保管しておくことがベストになります。

 

保管先としては、ウェブウォレット、取引所、ハードウォレットなどです。

ウェブウォレットは、インターネット上に保管する方法です。口座開設が簡単でどの端末からもアクセスできるので便利です。

 

取引所を利用する際は、セキュリティ対策として2段階認証設定を必ず行います。ユーザーからのコメントにも考慮して、同じ問題が何度も指摘されていないか確認しておきます。

全ての取引所が安全なわけではないので、ビットコインを安全に管理するには、その取引所が信頼できるかを判断しなくてはいけません。

 

ウェブウォレットも取引所も第三者にハッキングされるリスクがあるので、あまりおすすめできません。

ビットコインを安全に保管するならハードウォレットが確実です。

⇒ハードウォレットで仮想通貨を守る確実な方法

秘密キーを確実に理解しておく
秘密キー

ハードウォレットは、秘密キーでセキュリティ対策をしています。

ハードウォレット本体には、ビットコインにアクセスするときに必要な秘密キーが暗号化されデータで保管されているのです。

 

秘密キーは自分で管理することが必要なので、仕組みを理解しておかないと仮想通貨を失ってしまうことになるので注意しましょう。

 

秘密キーは仮想通貨を移動させることができる、たった一つの暗号です。仮想通貨を送金できる唯一の暗号と覚えておくといいでしょう。

 

取引所が管理しており、ユーザーが秘密キー見ることはできませんが、取引所がハッキングに遭遇してしまい秘密キーが漏えいしてしまった場合、仮想通貨の盗難を防ぐことはできません。

コールドウォレットに保管する

仮想通貨を安全に保管するにはオフラインの状態でコールドウォレットを利用することがベストです。

 

コールドウォレットには、ペーパーウォレットとハードウォレットがあります。

ペーパーウォレットは紙で秘密キーを保管する方法ですから、管理を厳重に行えば安全に保管できる方法です。

 

しかし、保管状態が悪いと文字が読めなくなってしまうことがあり、そうすると秘密キーを使うことができなくなります。

現状では、ハードウォレットが一番、安全と言えるでしょう。

⇒ハードウェアウォレットの仕組み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です