投稿日:

ハードウェアウォレットの仕組み

ハードウォレット の中にビットコインが入っていると思いがちですが、実はハードウォレット の中にはビットコインは入っていません!

ビットコインは、各ハードウェアウォレットのビットコインウォレットの送金用アドレスと、ハードウェアウォレット本体の秘密キーがあって初めてデータとして認識しているんです。

パソコンのアプリのビットコインウォレット自体にビットコインが入っているというわけではなく、アプリと本体の秘密キーがあって初めてビットコインの存在するデータにアクセスできます。そのため、ハードウェアウォレットはアプリを開いても、本体を接続してPINコードを入力しない限り、ハードウェアウォレットの中身にはアクセスできない仕様になっています。

USBを繋ぐハードウェアウォレット本体にはビットコイン自体がはいっているのではなく、ビットコインにアクセスできる秘密キーが暗号化されたデータとして存在しています。

ハードウォレットが故障したとしても復元できるのは直接仮想通貨が保存されていないからなんです

ハードウェアウォレットには仮想通貨ではなく秘密キーが入っている

ビットコインの送受金にはビットコインのアドレス(公開キー=長い文字列のウォレットID)と秘密キーが一致しないと送れない仕様になっています。そのため、秘密キー自体をハードウェアウォレット自体に保管して、物理的にインターネットの通信環境から普段切り離しておくことができるのが、このハードウェアウォレットの存在意義です。

秘密キーは初期化すればどのハードウォレットでも新しい秘密キーがその都度生成されます。1台の本体で秘密キーを分けて保管すると使用の都度、初期化⇒リカバリーを繰り返さないといけないため、面倒ではありますが、一人で秘密キーを分散するためだけに、何十個も本体を持つ必要はないと思います。

取引所には秘密キーがあります。秘密キーがあるから取引所から送金ができるようになっていますが、私たちは取引所の自分の口座の秘密キーを知ることはできません。

ハードウェアウォレットの仕組みを理解していないとビットコインを盗まれる?

ハードウェアウォレットの仕組みで大事なのは、秘密キーの理解です。

ハードウォレットは24の単語がリカバリーフレーズという秘密キーとなっています。この秘密キー自体もハードウェアウォレットの中でさらに暗号化されています。この秘密キーが万が一でも他人と同じものになるということはあり得ません。

なので、秘密キーはあなただけのものです。そしてこの秘密キーと公開キーをあなたがペアで所有することで、はじめてビットコインがあなたの管理下におかれます。(その他の仮想通貨も同じ)

ハードウェアウォレットを無くしても、秘密キーさえあれば大丈夫というのはこの理屈です。大事なのはハードウェアウォレット本体そのものよりも秘密キーなのです。

ここをきちんと理解できていないと、他人に秘密キーを盗まれ、仮想通貨資産を盗まれたり、他人に騙されて盗まれる危険があります。

ハードウォレットを使っているのに仮想通貨が盗まれた?

ハードウォレットを悪用した詐欺や犯罪がすでに存在しております。新品のハードウォレットがすでに初期設定が完了しているものだった場合、そのハードウォレットをしようするのをやめましょう。

ハードウォレットは秘密キーさえあれば同期が可能です。ですので、初期設定が済んでいるものはすでに秘密キーを保管している人がいて、あなたが仮想通貨を保存したタイミングで別のウォレットに送金するという手口です

ハードウォレットの偽物は大手通販サイトなどに潜んでおります。安価で出品されているハードウォレットには注意をしましょう。

ハードウォレット必ず正規販売店で購入しましょう!

当店はハードウォレットTREZORの正規販売店です!

TREZOR(トレザー )は当店で販売をしている、ハードウォレットです。

TREZORはハッキング事件が起きた仮想通貨NEMを保管することのできるハードウォレットです。もちろん、ビットコイン系、イーサリアム系の仮想通貨も保存することが可能です。

他にもさまざまなパスワードを保管することができるため、不正ログインも合わせて防ぐことが可能です。

TREZOR(トレザー )をご購入いただき、ご自身の資産をハッカーから守りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です