投稿日:

コインチェック事件から考えるNEMなどの仮想通貨の安全な保存方法

世間を騒がせたコインチェック事件で仮想通貨の流出が注目されました。取引所のセキュリティーが安全出ないことがわかった今、安全に仮想通貨を保存する方法をご紹介します

仮想通貨を安全に保存するならハードウォレットを使用しましょう

ハードウォレットとはインターネットと切り離した状態で仮想通貨を送受信するための秘密キーを保存することのできるデバイスです。

仮想通貨を直接デバイス保存するのではなく、秘密キーを保存しているため、ハードウォレットが故障したとしても、他のハードウォレットで復元できることなど、仮想通貨を保存する上でリスクがもっとも低い方法です。

ハードウォレットの種類はTRZOR、Leger nano、Keepkeyがあります。それぞれ保存できる仮想通貨の種類が違います。

NEMを保存できるのはTREZORだけ!

コインチェック事件で一躍有名になったNEMを保存できるハードウォレットはTREZORだけです。NEMを保有している方はTREZORを使いましょう。

偽物のハードウォレットにご注意を!

コインチェック事件からさまざまなところでハードウォレットは販売されはじめ、注目されております。しかし、同時に仮想通貨の盗難を目的とした偽物で初期設定が済んでいるハードウォレットを販売している業者も存在します。

ハードウォレットをご購入の際は下記3点にご注意ください

  • ・安価なハードウォレット(ハードウォレットは販売価格が決まっています)
  • ・初期設定が済んでいるハードウォレット(秘密キーはすでに販売者が保有しております)
  • ・開封されているハードウォレット、中古のハードウォレット (すごく危険です!)

ハードウォレットは正規販売店でご購入されることをおすすめします

当店はTREZORの正規販売店です!!

TREZOR(トレザー )は当店で販売をしている、ハードウォレットです。

TREZORはハッキング事件が起きた仮想通貨NEMを保管することのできるハードウォレットです。もちろん、ビットコイン系、イーサリアム系の仮想通貨も保存することが可能です。

他にもさまざまなパスワードを保管することができるため、不正ログインも合わせて防ぐことが可能です。

TREZOR(トレザー )をご購入いただき、ご自身の資産をハッカーから守りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です