投稿日:

ウォレットの種類と違い

仮想通貨を保管するウォレットにはさまざまな種類が存在します。

それには大きくコールドウォレットとホットウォレットに分かれ、さらに取引所、ペーパーウォレット、ハードウォレットと分かれます。

コールドウォレットはペーパーウォレットやハードウォレット の事をさし、インターネットから切り離された保存形式です。ホットウォレットはインターネット上で保存されている形式です。

それぞれメリットデメリットがありますが、安全に保存するのであればコールドウォレットで管理されることをおすすめ致します。

ハードウェアウォレット ペーパーウォレット アプリ・取引所
画像
種類 コールドウォレット コールドウォレット ホットウォレット
特徴 秘密キーがあれば他のウォレットでも復元可能 印刷して簡単に作れる スマホやブラウザで簡単にインストール、すぐに使いこなせる。
メリット 秘密キーがあれば他のウォレットでも復元可能 他人に紙幣のように渡すことが可能 送金・受金が簡単
デメリット 多少の知識が必要 紙なので紛失リスクが高い ハッキングされるリスクがある

すぐに仮想通貨の送金が可能な状態をホットストレージと言い、スマホなどで使える取引所のウォレットなどはホットウォレットといいます。それらは常にインターネットに接続可能な状態にあります。インターネットと完全に切り離した状態をコールドストレージといい、コールドストレージで保管できるものをコールドウォレットといいます。ペーパーウォレットやハードウォレットがコールドウォレットです。
このホットストレージとコールドストレージをきちんと使い分けて仮想通貨を保管するのが大事です。取引所ではハッカー対策として何割かの仮想通貨はハッカーに盗まれないようにコールドストレージで保管されてるといわれています。

ホットストレージには少額で日常的に使う可能性がある分の仮想通貨を入れておき、コーストストレージですぐに使わない大金を保管しましょう。

ホットストレージ(ホットウォレット)のメリットとデメリット

ホットストレージで使うホットウォレットは、手軽に送金や受金ができるところが最大のメリットです。しかし、インターネットに常に接続されているじょうたいですので、ハッキングリスクがつきまといます。ニュースなどで仮想通貨の流出問題がとりあげられておりますが、それらは全てこのようなホットストレージに保管されている状態のものが流出しております。

ですので、資産の大半をホットストレージに保管されていると大変危険です。普段使いの一部の仮想通貨だけをホットウォレットに入れておかれることをお勧めします。

コールドストレージ(コールドウォレット)のメリットとデメリット

コールドストレージのメリットはインターネットから完全に切り離された状態で”秘密キー”を保管できるところです。それによりハッキングリスクを気にせず仮想通貨を保管することができます。コールドストレージで代表的な存在がハードウォレットです。

ハードウォレットとは?

ハードウォレットは仮想通貨を秘密キーにより保管することのできるデバイスです。ハードウォレットの最大の特徴は、リカバリシードと言われる24個のフレーズによってたとえハードウォレット故障したり紛失したとしても他のハードウォレットで復元することができるというところです。

ハッキングリスクなく、紛失リスクが少ないハードウォレットに仮想通貨の資産を保管することがもっとも安全な保管方法と言えます。

しかし、秘密キーをメモした紙は安全な場所に保管しておきましょう。秘密キーを紛失すると、ハードウォレットを開くことができませんのでご注意ください

ハードウォレット はTREZORがおすすめ!

TREZOR(トレザー )は当店で販売をしている、ハードウォレットです。

TREZORはハッキング事件が起きた仮想通貨NEMを保管することのできるハードウォレットです。もちろん、ビットコイン系、イーサリアム系の仮想通貨も保存することが可能です。

他にもさまざまなパスワードを保管することができるため、不正ログインも合わせて防ぐことが可能です。

TREZOR(トレザー )をご購入いただき、ご自身の資産をハッカーから守りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です