投稿日:

「TREZOR T」対応仮想通貨ウォレットへの接続方法

TREZOR

MyEtherWalletへの接続方法

イーサリアムトークンを利用する場合、MyEtherWalletを使います。

※イーサリアムトークンとはMyEtherWalletを利用して保管できるトークンの事を指しています。

 

MyEtherWalletの公式サイトを開きます。

MyEtherWallet.com

右上の赤枠部分を操作して日本語に変更することも可能です。

TREZORをパソコンに接続します。

TREZOR

「Export」を選択。

TREZOR

以下の画像に移行します。

ここで注意するべき点は、①イーサリアムとERC20、②イーサリアムクラシック(ETC)は選択項目が違うので注意してください。

下側にアドレスが表示されているので任意に選び「お財布をアンロック」を選択。
※アドレスはどれでも使用可能

TREZOR

ウォレットに接続できました。

TREZOR

BTCへの接続方法

別のウォレットからTREZORに送金

BCH、BTG、DASH、DOGE、LTC、VTC、ZECも以下同じ操作になります。

左側の見出しからBTCを選びます。

TREZOR

赤枠の部分をクリックすると本体にも同じように表示されます。

TREZOR

本体の下にある「QR」を選択するとQRコードが表示。

TREZOR

パソコン画面ではこのように表示されています。
本体の右下の「緑のボックス」を選択。

TREZOR

BTCの受信アドレスが表示されました。

TREZOR

表示されたアドレスにBTCを送金。
支払いが完了するとトランザクションに緑色で着信取引が記載されます。
正常に取引が完了すると矢印の部分が取引日時に変わります。
TREZOR引用元:https://wiki.trezor.io/User_manual:Receiving_payments

取引が完了すると日時が表示されました。
TREZOR引用元:https://wiki.trezor.io/User_manual:Receiving_payments

TREZORから別のウォレットに送金

送信画面を開きます。
BTCの送金先のアドレス、送金額を入力。

TREZOR

QRコードをスキャンするとアドレスが読み込めます。

TREZOR

赤枠をクリックするとBTCを記入したアドレスに送金できます。
TREZOR

受信者を追加したい場合は、「受信者を追加」を選択します。

TREZOR

手数料ですが4段階設定可能です。
高い方が早く承認されるので状況によって使い分けてください。

TREZOR

2段階認証の設定方法

TREZOR

引用元:http://urx2.nu/L6cR

送金するときに2段階認証を設定しておくとセキュリティーが高くなります。
送金処理の最後に表示される画面で2段階認証を入力して送金。

TREZOR公式HP

NEM(XEM)への接続方法

NEMを選択してNEMWalletの画面から「Go to nem.io」をクリック。

NEM公式サイトサイトにアクセスします。
TREZOR

公式サイトから「Nano Wallet v2.3.0」をダウンロードします。
「ユニバーサルクライアント(トレジャーサポート付き)」を選択。

TREZOR

Nano Walletをダウンロードします。
今回は一番下のstartをFirefoxで開きます。

TREZOR

言語はここでも日本語に変えることができます。
ログインします。

TREZOR

下側にスクロールするとTREZORでログインとあるので選択。

TREZOR

そのまま「次へ」を選択。
TREZOR

新しく画面が表示されるので「EXPORT」を選択。
TREZOR

PINコード認証の画面が出るので自分のPINコードを入力します。

パブリックアドレスの確認がTREZOR本体に表示されます。
問題なければ「右下のボックス」を押して完了。


Nano Walletに接続できました。

TREZOR

モナコイン(MONA)への接続方法

こちらでは、Windows版での接続方法を解説していきます。

electrum-monaサイトにアクセスしてモナコイン用のデスクトップウォレットをダウンロードします。

electrum-mona

Windowsの中にある「Portable version(japanese)」を選択。

TREZOR

「Auto connect」を選択して「Next」をクリック。

TREZOR

ウォレットの名称は変更可能です。初期設定では、「default_wallet」になっています。

TREZOR

ウォレットの種類を選びます。
今回は、標準タイプを選びます。
マルチシグウォレットを作成する場合は、「Multi-signature wallet」。
別アドレスにインポートする場合は、「import Monacoin addresses or private keys」を選択。

TREZOR

TREZORでウォレットを作成するので「Use a hardware devaice」を選択。
TREZORをPCに接続してから「Next」をクリックします。

TREZOR

TREZORに接続できていれば下記の画面が表示されます。

TREZOR

こちらでは、標準的な「legacy BIP44」を選択。

TREZOR

下記の画面になりましたら、そのまま「Next」を選択。

TREZOR

右下にTREZORのマークが確認できれば正しく設定できています。

TREZOR

 

TREZOR Tは、信頼できる正規代理店から購入することをおすすめします。

TREZOR T の購入はこちらをクリック