投稿日:

コインエクスチェンジ、閉鎖を発表。草コインの保管をどうするか?

草コインで有名なイギリスの仮想通貨取引所「CoinExchange(コインエクスチェンジ)」が

閉鎖を発表しましたので内容と今後の日程をご紹介したいと思います。

参照:コインエクスチェンジ

 

目次
1.コインエクスチェンジ
2.保管方法について
3.今後の日程

 

1.コインエクスチェンジ

コインエクスチェンジは、運営者が誰なのかわからない取引所としても有名でしたが、

これまでハッキング被害などの報告が上がっていないという妙な安心感がある取引所でもありました。

取扱い通貨は500種類以上あり、特に草コインの種類が豊富で、

草コイン専門取引所と言っても過言ではありません。

 

日本国内で取扱われていない通貨が圧倒的に多いため、

仮想通貨バブルが起きた2017年末には多くの日本人が利用していました。

 

人気だった理由・・・

 

草コインを購入する最大のメリットには、

「世間に認知される前に低価格で仕込むことができる。」

というのがあるため、その草コイン取引所の代表格である

コインエクスチェンジは一攫千金を狙った多くのユーザーが水面下で動く場でもあったのです。

 

しかし、バブルが弾けた2018年には

草コインの価格は主要通貨以上に大幅に下落を引き起こしてしまい、

取引所の利益源である売買手数料を得ることが難しくなってしまいました。

※実際に今回の閉鎖の理由は「財政難」が理由だと公式に発表されています。

 

そして、2017年~2018年にかけてICOが頻繁に行われていたのですが、

そのほとんどが詐欺であったりしたためICOに対するユーザーの目が肥えてしまった

ことも要因だと言えます。

 

ICO後に上場する取引所でもあったのでそこもコインエクスチェンジにとっては

大きな収入源だったのでしょう。

 

そのような理由から閉鎖へと追い込まれてしまったのですが、

これで困ってしまうのは当然我々ユーザーです。

BTC(ビットコイン)やETH(イーサリアム)など主要通貨の保管場所はどうにでもなりますが、

大手取引所に上場していない草コインに関しては保管をどうするのかという問題が発生します。

他の信頼できる大手取引所に上場していればそこへ移動して終了となるのですが

そうもいかないのが草コインの難しいところ、

情報量が少ないため、仮に専用ウォレットがあったとしても

それが安全なものかどうかを判断できないものも少なくありません。

移動できる取引所があったとしてもマイナーなところだと

ハッキングやその他色々と不安が付きまといます。

 

2.保管方法について

BTC(ビットコイン)やETH(イーサリアム)、MONA(モナコイン)なんかは

国内取引所でも取扱いがあるためそこまで気にしていない方もいるかもしれませんが

国内で取り扱いのないPIVX(ピヴクス)、KMD(コモド)、DGB(デジバイト)や

OMG(オミセゴー)、NANJ(なんJコイン)、DRGN(ドラゴンチェーン)、ALIS(アリス)のような

ERC20トークンの関してはどこに移動させるべきかお考えの方もいることでしょう。

 

TREZOR では主要通貨を中心としてマイナーな草コイン、ERC20トークンなど

1000以上の通貨の保管が可能となっています。

ハッキングに対するセキュリティにも定評があるため、保管をどうしようかお考えの方は

これを機会にぜひTREZOR のハードウェアウォレットを使ってみてはいかがでしょうか。

 

以下のサイトではTREZOR の取扱い通貨を確認することができます。

TREZOR の購入をお考えの方はご自身の保有通貨が対応しているのかは必ずご確認ください。

参照:TREZOR 取扱い通貨一覧

 

※最近は、ハッキングのニュースは減ってきていますが、

ハッカーは警戒しているときには攻撃してきません。

警戒心が薄れたときが最も危ない時なのでご注意ください。

 

3.今後の日程

参照:コインエクスチェンジ公式

 

今後の日程については次のように発表されています。

 

・2019年:10月15日に取引と入金が停止

・2019年:12月01日にウェブサイトの公開と出金が停止

 

ようするに、資産の引き出しは2019年12月01日まで可能だとということです。

これを過ぎてしまうと資産を引き出すことができなくなる、

すなわち失ってしまうことを意味するので保管されているかたは

なるべく早く出金することをオススメします。

 

最後に、草コインという不安定な通貨を取扱っていたことでバブル崩壊に関係なく

凄まじい暴落を見せる通貨があったりと数々の話題を作ってきた取引所なので

少しさびしいですね。

公式発表では、「仮想通貨市場に活気が戻ればまた復活するかもしれません。」

というふうに言っているのでぜひ復活してほしいものです。

 

TREZORの購入はこちらから

投稿日:

TREZOR MODEL T のファームウェア2.1.3でセキュリティレベルアップ

TREZOR のリカバリーシードの保管に不安を覚えた経験はありませんか?

そのような不安を解消すべく、

最新のTREZOR MODEL T のセキュリティのアップデートに関する

情報が公開されましたのでご紹介したいと思います。

 

目 次
1.リカバリーシードの保管
2.ファームウェア2.1.3
3.Shamir Backup

参照:Trezor Model T のセキュリティ

 

1.リカバリーシードの保管

リカバリーシードの保管は、資産を確実に守るために最も重要なことです。

いくらTREZOR のセキュリティが高いと言っても

リカバリーシードの紛失や盗難にあってしまっては全く意味がありません。

TREZOR MODEL Tの場合、リカバリーシードは12個の単語から構成されています。

それらの12個の単語全てを1つの紙に書き留めていたとします。

その紙を他人に見られる、または盗難された場合、

資産を盗まれてしまうというリスクがありますよね。

そこで、リカバリーシードの頭から6個目までと後の6個を別々に管理したとします。

その場合も管理する紙が2枚となるため片方紛失してしまうと資産の復元が

できなくなるというリスクが拭いきれません。

いったいどうすればいいのか?

 

2.ファームウェア2.1.3

TREZOR MODEWL T に限り

ファームウェア2.1.3からセキュリティを大幅に向上させるための

機能であるShamir Backupが導入されました。

Shamir Backup とは、Adi Sgamir という人物が考案した

暗号化アルゴリズムを用いて、より高度なセキュリティレベルで管理する方法で

SLIP-0039規格が用いられています。

※Trezor One ではまだ実装されていません。

 

3.Shamir Backup

Shamir Backupを使用してウォレットを作成した場合、

次の2点に基づいてリカバリー処理が行われます。

 

(1)ユーザーは生成したいリカバリーシェアの数を設定します。

各リカバリーシェアは20個の単語のシーケンスで構成され、

最大で16個のリカバリーシェアを生成することができます。

 

(2)ユーザーは閾値を設定します。

この閾値はリカバリーに必要なリカバリーシェアの数を意味しています。

 

(設定例)

・リカバリーシェアを10個生成するように設定。

・閾値を4に設定。

このように設定した場合、

10個のリカバリーシェアの保存は自ら全てを保管してもいいのですが

親や兄弟など信頼できる人物に渡して分散させたりするのもいいかもしれません。

仮に分散させたリカバリーシェアのいくつかを紛失した場合でも

閾値を4に設定しているため、10個全て揃っていなくても

4つのリカバリーシェアがあれば資産を復元することが可能になっています。

さらに、ウォレット復元時に4つすべてを同時に入力する必要はなく、

途中で中断して、後でリカバリを続行することもできます。

 

今後、Shamir Backupは多くのウォレットで実装されると思いますので

TREZOR MODEL T 以外のウォレットをお使いの方も

このような機能があるという事だけでも覚えていただければと思います。

 

TREZORの購入はこちらから

投稿日:

グーグルの二段階認証 authenticator 危険! オススメの二段階認証アプリは?

皆さんは、二段階認証アプリは何をお使いですか?

おそらくAuthenticatorをお使いの方が多いのではないでしょうか。

資産を守るために必要不可欠である二段階認証アプリ、

便利性とは裏腹にデメリットがあることも知っておかねければなりません。

そこでAuthenticatorの危険性を考えた上でそれを補うオススメの二段階認証アプリをご

紹介したいと思います。

目 次
1.Authenticatorの危険性
2.対処方法
3.オススメの二段階認証アプリ「Authy」
4.インストール方法と使い方
5.アプリの登録例
6.PCと同期させる方法

1.Authenticatorの危険性

Authenticatorはインストールしている端末のみに依存しており、

その他の端末と同期をとることができません。

よって、端末に不測の事態が起こった場合、アプリにログインできなくなる危険性が

あるということです。

 

・端末を紛失した場合

・端末が故障した場合

・機種変更した場合

機種変更に関しては事前に二段階認証を一旦解除して、変更後に再設定するなど対策

がとれますがこれも結構面倒ですよね。

アプリによってはバックアップコードがあるためそこから復元させて再度利用することは可能ですが、

バックアップコードがないアプリも存在するので安心材料にならない場合があります。

 

その場合どうすればいいのか?

 

2.対処方法

アプリのサポートセンターへ二段階認証の解除依頼をしなければなりません。

二段階認証の最大の目的は他人に悪用されないためのセキュリティ強化なので、

依頼人が本人である事が確認できれば当然解除することができます。

しかし、本人確認するために本人確認書類の再提出を求められることがあるため

たいへん面倒な作業になってしまいますよね。

サポートが海外の場合、英語でのやりとりになるので特に面倒です。

何か良い方法はないだろうか・・・

 

あるんです。

それが・・・

 

3.二段階認証アプリ「Authy」

Authy(オウシー)という二段階認証アプリは、

不測の事態に陥っても事前に対応ができるので安心してお使い頂くことが可能です。

Authyは複数の端末で同期する事が可能なため、スマホとPCで同期していれば

スマホを無くしてもPCの方で認証を行う事ができたりと非常に便利なアプリです。

解除を忘れて機種変更した場合も同様に問題ありません。

 

気になる方のためにインストール方法と使い方をご紹介しますので、

ぜひ試してみてください。

 

4.インストール方法と使い方

4.1

スマホにGoogle Play からAuthyをインストールします。

※画像クリックでダウンロードサイトへ飛びます。

ここから初期設定を行います。

4.2

「Code」をクリックして下さい。

4.3

国籍を選択します。

4.4

電話番号を入力します。

例えば「090-1234-5678」という番号の場合、

0を省略して「90-1234-5678」と入力します。

4.5

Emailを入力します。

アドレスのリストが表示されるので、自分が設定したいアドレスを選択して

「OK」をクリックします。

4.6

SMS認証をクリックし、送られてきたコードを入力して設定完了です。

4.7

次にバックアップパスワードを設定します。

画面右上にこのような設定ボタンがあるのでクリックします。

4.8

「Accounts」をクリックします。

4.9

「Backups」を右にスライドさせてONにします。

4.10

パスワードと再確認パスワードを設定して

「ENABLE BACKUPS」をクリックします。

※パスワードは絶対に忘れないようにして注意して下さい。

 

5.アプリの登録例

5.1

画面右上の設定ボタンをクリックして、さらに「Add Account」をクリックします。

5.2

「Scan QR Code」をクリックしてカメラを起動させます。

この時、カメラへのアクセス許可メッセージが表示された場合は、「許可」をクリックします。

5.3

カメラでQRコードを読み込んで、名前を付けたら登録完了です。

このようにリストに表示されます。

 

6.PCと同期させる方法

6.1

以下の画面よりデスクトップ版のAuthyをダウンロードします。

ご自信のお使いのPCに合わせてMacなのかWindows32/64を

ドロップダウンリストから選択して「DOWNLOAD」をクリック

して下さい。

※画像クリックでダウンロードサイトに飛びます。

6.2

ダウンロード完了後に自動でインストールされない場合、

おそらくダウンロードフォルダに「Authy Desktop Setup 1.7.0.exe」

があると思いますのでダブルクリックして起動させます。

その時、以下の警告文が表示された場合、そのまま「実行」をクリックします。

6.3

インストールが行われ、以下の画面が表示されたら

ここから初期設定を行います。

6.4

スマホの時と同様に国籍と電話番号を入力します。

6.5

「NEXT」をクリックします。

6.6

以下の画面が表示されたら、既存デバイスと同期させるので「Existing Devicve」をクリックします。

6.7

以下の画面が表示されたらスマホの方にアクセスを許可するかどうかの

通知が送信されているはずですのでスマホを見て下さい。

6.8

「ACCEPT」をクリックして許可します。

6.9

テキストボックスに「OK」と入力して「OK」をクリックします。

6.10

以下の画面が表示されたら同期完了です。

6.11

先ほど登録した情報がPC側に反映されています。

このままではまだ暗号化がかかったままなので、

スマホの「1.10」で設定したバックアップパスワードを使って暗号化を解きます。

6.12

鍵マークをクリックします。

6.13

ここでバックアップパスワードを入力して、

「Decrypt Account」をクリックします。

6.14

暗号化が解かれてスマホと同様のワンタイムパスワードが

表示されるようになりました。

 

これでスマホを紛失してもスムーズに引継ぎが可能になります。

TREZORの購入はこちらから